ハロウィンの意味

10月といえばハロウィン。

いつの間にか日本にも浸透して、仮装やパーティーを楽しんでいる人たちも多いかと思います。

お店にもカラフルな雑貨が並んで、見ているだけでワクワクしますね。

最近ではハロウィン当日になると、子どものお友達や近所の子が「トリックオアトリート!」と訪ねてくるようになりました。最初は戸惑い、家にある渋目のお菓子なんかを渡していましたが、今では洒落たハロウィン用のお菓子を準備して待っていたりします。

可愛いお菓子を準備するのはテンションが上がるし、パーティーの仲間に入れてもらってちょっと嬉しい気分♪

 

もともとハロウィンは、古代ケルト民族が起源だと言われています。

その民族は1年の終わりが10月31日とされていて、夜には死者が親族を訪ねて来るとのこと。日本だとお盆のようなものですかね?

しかし、その時に魔物や悪霊も一緒に来て子ども達をさらったり、悪さをする。そこで仮装をして「自分も魔物の仲間だよ!」と魔物を騙していたんだそうです。

おもしろいですね!

ハロウィン用の不気味なレシピなんかもたくさん出ているので、今年は家族でもハロウィンパーティーをしてみようかな(^^)★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

十五夜

次の記事

ネット通販の失敗