普段から取り組む、防犯対策

11月も後半、12月はクリスマスやお正月など楽しい行事もたくさんありますが…

年末年始が近づくと、家を留守にする人が増えるので空き巣被害も増えるそうです。

そんな被害に合わないために、今日はちょっと役立ちそうな防犯のお話。

 

普段からこんなことにも気をつけよう!

 ❶留守にしていることがわからない工夫をする

  • 長期間家を開ける際は、新聞や郵便物は止めておく
  • タイマーで自動点灯する照明を取り入れ、在宅しているよう装う

犯行をしにくい環境を作る

  • 玄関や庭にセンサーライトを取り付ける
  • 窓に補助錠を付けたり、防犯フィルムを貼る
  • 歩くと大きな音がする防犯用玉砂利を利用する
  • 植木の剪定を行い、敷地内の見通しを良くする

小さな窓や少しの時間でも必ず施錠

  • ゴミ捨てなどの短時間でも必ず施錠する癖をつけておく
  • 階段や浴室の小窓も、戸締りを徹底する

 

空き巣被害は窓を割っての侵入が多いようです。
防犯フィルムや、補助錠、振動を与えるとブザーがなる装置などを利用して、空き巣から嫌われる環境を作ることが大切だそうです。

少しでも被害が減るよう、普段から気を引き締めて取り組んでいきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA