背景に柄を取り入れる

デザインがちょっと寂しいかな?と感じたとき、背景に柄を取り入れると良いアクセントになることがあります。しかし、あまりにも主張が強すぎる背景だと一番伝えたい情報は伝わらないかも!?

読みづらさの原因は?

トリガー

さて問題です。どこか読みづらいこのデザイン。原因は何だと思いますか?

職員Aさん

うーん、タイトル周りはOKだよね!発信者と連絡先の明示もできているし、配色もいいんじゃないかな。。

トリガー

正解は背景です。背景の柄が強すぎて、全体的に文字が読みづらくなってしまっています。

職員Aさん

確かに!なんだか目がチカチカして、情報が入ってこないですね。やっぱり背景はシンプルな無地の方がいいの?

トリガー

背景に柄を取り入れるのは全く問題ありません。しかし、それによって一番伝えたい情報が読みづらくなってしまうことは避けなければなりません。

読みやすさを考えて背景を調整

読みやすい度:★★ 背景の柄自体を薄く(淡く)する


読みやすい度:★★★ 文字の部分を白透化させる

読みやすい度:★★★★★ 文字の部分に無地を挟む
職員Aさん

ぐっと文字が読みやすいデザインになったね!

トリガー

「細かい文字が多い時は、背景を無地にしてより読みやすく」など、デザインの用途によって使い分けてみてください。

今回のポイント

  • 背景に柄を取り入れる場合、情報が背景に邪魔されていないか確認する
  • 色や柄の主張が強い背景は、色を薄くしたり露出部分を減らすなど引き算でバランスをとる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA