画像の解像度

広報紙や印刷物の担当をされていると、「掲載する画像は解像度の高いものをお願いします」と言われることがあるかと思います。

画像の解像度とはいったい何を表す言葉なのでしょう?“解像度が高い=画像が綺麗”とイメージはできますが、今回はもう少し踏み込んでいきましょう。

画像データはピクセルの集まり

パソコン上で扱われている画像データのうち、写真などのビットマップデータと呼ばれているものは、小さな点々の集まりで出来ています。
この小さな点々に色の情報を加えたのが「ピクセル」(日本語訳では「画素」)と言います。

撮影した画像データを拡大した時、ピクセルが少ない写真はカクカクと粗く表示されますが、ピクセルが多ければ拡大しても輪郭が崩れず綺麗に表示されます。

ピンク色の部分を拡大すると、カクカクと粗い画像に

解像度とは

画像の解像度=画像の「密度」や「精度」を数値化したもの

解像度の数値が高い画像ほど、密度の高い画像と言えます。
解像度の単位は「dpi(dot per inch)」や「ppi(pixel per inch)」があり、1インチあたりのピクセル数という意味を表しています。

  • 72dpi :1インチあたり72個のピクセルで表現
  • 300dpi :1インチあたり300個のピクセルで表現

上記の2種類では❷の方が密度が高く、高精細な画像になります。 

印刷に必要な解像度

フルカラー印刷に適した解像度:約300dpi〜350dpi(グレースケールの場合は600dpi)
WEBに適した解像度:72dpi

使用するサイズによっても多少は異なりますが、だいたい上記の解像度を満たしていれば、綺麗な画像と感じることができます。

WEB上からコピーした画像を印刷すると粗く表示されてしまい、綺麗に見えないのは解像度の違いが原因なのです。

解像度の確認方法

Windowsでは、画像ファイルを右クリックし「プロパティ」▶︎「概要」▶︎「詳細」から画像サイズと、画像解像度を確認することができます。

「印刷に適した解像度はわかったけど、実際どれくらいの画像サイズが必要なのかわからない」という場合、解像度と印刷物の仕上がりサイズを入力すると、必要な画像のサイズを計算してくれるサイトもあります。ぜひ参考にしてみてください。

参考サイト(シメケンプリント さん) https://shimeken.com/print/pixel-mm-dpi

ちょっと余談

低解像度と言えば?昔のゲームではおなじみのドット絵が有名です。

カクカクした雰囲気を生かした、おもしろい手法ですよね。現代ではこの拙い雰囲気が逆に可愛いと、ちょっとしたブームが起きているそうです。

ドット絵は、主に黎明期から1980年代にかけてのパソコンもしくはコンシューマー向けゲーム機で、もっともよく用いられた表現形態である。当時は、画面の解像度および発色数・メモリ容量・CPU速度などのハードウェア的な制約、およびそれを受けたソフトウェア的な制約から、ベクトル画像や大規模なビットマップ画像を使用できなかったため、やむなく限られた解像度・色数などでグラフィックを表現する必要性があった。その中で、いかに美しさや視認性の良さを追求するかが、当時のグラフィック作成における肝であった。

Wikipediaより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA