オリジナルバナーを作ろう

デザイン講座、今回からWEB編が新しく仲間入りしました。最近では、ホームページを自分たちで作成されているというセンターさんも多いかと思います。この「WEB編」ではホームページ等を作成する際、ちょっと役立つ情報を紹介していけたらと思います。

今回はバナーについてのお話。ぜひご覧いただき、快適なサイト作りにお役立てください。

バナーとは

バナーは直訳すると「横断幕・旗・のぼり」。WEBページ上では「看板」のような役割をしています。

街を歩いていて「手作りケーキのお店」という看板を見つけると、「ここはケーキが買えるお店なんだな」と一目でわかりますよね。しかし、看板が無い場合、ケーキのお店ということは気づかず通り過ぎてしまいます。

バナーの役割もそれと同じで、WEB上でも「看板」が無いとそのページは気づかれスルーされてしまいます。バナーにリンクを貼り、クリックするとその「看板」の詳細を示したページへ移動する。バナーは看板でもあり、入口でもある大切な役割を果たしています。

看板(バナー)がないと……?
看板(バナー)があると目的が明確

バナーを見てどう行動する?

架空で作ったこのサンプルサイト。バナーは全部で4つあります。

上の方にある大きなバナー、両サイドにある小さなバナー。サイズは様々ですが①〜④まですべてバナーと呼ばれています。バナーのサイズについては、使用しているテンプレート等により異なりますので、今回は省略させていただきます。

今回は一番目を引く大きなバナー①の内容について考えていきましょう。

バナー①にはシルバー人材センターがある〇〇市の写真が大きく表示されています。一見華やかな雰囲気ですが、これでは少しもったいない気がします。なぜもったいないのでしょう?

「数あるWEBサイトの中からこのページを選んできている」ということは、入会希望、お仕事依頼、現会員など、センターに興味を持って訪問してくれた可能性が高いかと思います。今回は「入会希望」をターゲットに考えてみましょう。

この大きなバナーはトップページの中で一番目を引く箇所です。ここに訪問者の心を動かすようなメッセージ、またはスムーズに入会へ誘導できる仕掛けを作ってあげると、もともと入会を希望で訪問した方はぐっと行動を起こしやすくなるかと思います。

ターゲットを絞ったバナーを作成

このバナー①は、何枚かのバナーがスライドショー(数秒ごとに横にスライドしていく)になっている場合も多いので、文章は短くぱっと見でわかりやすいものがおすすめです。

さらに入会説明会の日程や、説明会の申し込みページへ移動するリンクを貼っておくと、よりスムーズに行動へ移しやすくなります。

センターの会員さんが働いている様子や、会員さんが撮った写真などに文字を入れて作成するのもオリジナリティーが出て素敵ですよね。その際、写真の上に文字をのせるときを参考にしてもらうと、デザイン作成のお役に立てるかと思います。興味のある方はぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA