子どもたちの未来のために、より良い社会にしていきたい

トリガーコーポレーションでは常にそんなことを考えています。

いきなり大きな活動はできませんが、小さな活動をコツコツと。できればみんなで楽しみながら!

その想いを共有できる人たちと巡り会えた時、トリガーコーポレーションができることを考えました。

 

 

できること① 社会をより良くするお手伝い

より良い社会を目指し活動する、NPO法人等の非営利団体。その活動に必要な資金を調達する担当者は「ファンドレイザー」と呼ばれます。

ファンドレイザー とは「社会のために役に立ちたい人(NPO等の非営利団体)」と「それを応援したい人」を繋ぐ架け橋のような存在。

資金調達の他にも社会を良い方向へ導くため、周りの人たちにその活動内容の良さを伝え理解してもらう。そして行動に移してもらう。そんな広報的な役割もこなしています。

このファンドレイジングがうまくいかないと、どんなに良い活動をしている団体でも継続していくことは困難になります。

 


弊社には認定ファンドレイザーが在籍しています。

非営利団体の取り組む問題の現状について、より多くの人に知ってもらうためには、広報活動がとても重要になってきます。

その活動に共感してくれる人(寄付者含め)を増やしていくには、どうすれば良いか。継続的な活動を続けていくためには、どのようなプランが必要か。

そのようなトータル的な問題をファンドレイザーとして幅広くサポートしていきます。

 

 

 

 

 

できること② みんなを笑顔にする

「何だかみんなが喜びそう!」と思うような活動を実践してみました。

決してお祭り騒ぎでワイワイやりたいだけではありません。みんなの笑顔が見たいのです。(そして私たちも楽しみたい)

■セブ島の子どもたちへ古着を送ろう

事務所前でセブ島の子どもたちへ送る古着を募集しました。

ありがたいことに皆さんたくさんご協力してくださり、様々なサイズの洋服・サンダルやシューズ・バッグやおもちゃ等も発送することができました。中には新品も!

毎年地元の夏祭り(敷島神社夏祭り)で出店をやっているのですが、その売り上げの一部から送料をださせてもらいました。

かなり大きな段ボールだった為、送料もやや高く^^;また発送の手配も英語混じり、予定した日数よりかなーり長くかかった配送時間。色々と大変でしたが、受け取ったフィリピンの子どもたちはとても喜んでくれたそうです。

 

■まいにちこども食堂さんでポップコーン作り

夏祭り用に購入して以来出番がなかったポップコーンマシンを持って、志木市中宗岡にある「まいにちこども食堂」さんへお邪魔しました。

こちらでは、大人500円・中高生400円・小学生300円・未就学児200円(2歳児未満無料)で誰でもご飯が食べられます。

土曜日のお昼ご飯はカレーライス(300円)。カレーライスをいただき、子どもたちとちょっと遊び、さぁポップコーン作り開始!張り切ってじゃんじゃん!といきたかったのですが、この日はお客さんがやや少なめだったのかな?販売予定が、「その場でいたみんなでポップコーンを食べる会」になってしまいました。

 

■敷島神社のお祭りで出店

毎年子ども達が中心となって出店をやっています。

企画会議から準備まで、自分たちなりのルールを作ってとても楽しそう。子ども達の成長を感じられる素敵なイベントになっています。

お祭りに来てくれたちびっこ達に少しでも楽しんでもらえるよう、「すべて100円で、なるべくどの年齢の子にも遊んでもらえる」というのもこだわりの一つ。