タイトルと内容の一致

チラシやお便りをパッと見ただけで「この情報は自分に必要だ」と読み手が感じるには、どんな工夫が必要でしょうか。今回はタイトルについてのお話。「内容に合ったタイトル」をつけて、読み手の心をしっかり掴みましょう!

タイトルってどうつけるの?

職員Aさん

チラシやお便りを配っても、いまいち反響がなくて。しっかり読んでもらうためにはどんな工夫が必要なのかな?

トリガー

まずは読み手に興味を持ってもらうことが大切です。一番最初に目に入るタイトル部分で「この情報は自分に関係があるものなのか、自分にとって有益な情報なのか」がわかるよう工夫してみましょう。

職員Aさん

タイトルは「〇〇について」と内容がわかるように気をつけているんだけど…。

トリガー

「〇〇について」は何にでも使える万能なタイトルですが、曖昧な場合が多く内容がぼやけてしまいます。
読み手を行動に移すには、もう少し具体的なものにしたいですね。内容と一致したタイトルを意識して考えてみましょう。

内容が伝わるタイトル

トリガー

タイトルだけで情報を伝えるのは難しい。そんなときはキャッチコピーやサブタイトルも追加して、パッと目に飛び込む情報で読み手が理解できるよう工夫をしてみましょう。

タイトル部分だけでは内容が判別しづらい

➡︎

タイトル部分だけで必要な情報かわかる
職員Aさん

なるほど!これなら全文を読まなくても、自分にとって必要な情報か判断できるね。

トリガー

あとは読み手の視線の流れを意識して、必要な情報が順序よく目に止まるよう配置できれば更にGoodです!
内容と一致したタイトルで、ターゲット層の読み手にしっかり届けば反響が変わってくるかと思います。

タイトル周りを形成するパーツ
  • タイトル:一目で内容が理解できる文章
  • サブタイトル:タイトルをわかりやすくするために補う文章
  • キャッチコピー :人の心に訴えかける(心を掴む)文章

NGなタイトル

タイトルを付けるときに注意をしたいのが、読み手の興味を引くためにわざと大袈裟な表現や、曖昧にボカした真実とは異なる表現をつけること。一時的な反響は大きくなるかもしれませんが、内容と一致していない大袈裟なタイトルは読んでいて気持ちの良いものではありません。

また、読み手が誤解するような紛らわしい表現も避けた方が無難です。

タイトルを付けるときのコツ

  • 「自分に関係があるものなのか、自分にとって有益な情報なのか」が一目でわかるよう工夫する
  • タイトルだけで伝わりにくい場合、サブタイトルやキャッチコピーを付け加える
  • 「〇〇について」は万能だが、読み手には意外と伝わらない
  • 大袈裟な表現や、紛らわしい表現は避ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA